合宿免許で持って行くと役立つ持ち物

合宿免許に行くとなると、早くても2週間は宿泊することになるので、様々なものを持って行く必要があります。

身分証明書や印鑑、筆記用具などは必須のものですが、ずっと勉強漬けというわけにはいかないので、気を紛らわすための娯楽用品なども必要になります。
また、合宿免許の宿泊施設にはコインランドリーなどの洗濯する場所が提供されていますが、1日分の着替えでは足りないので、少なくとも3~4日分の着替えは持って行きましょう。

旅慣れているような人は分かるとは思いますが、それ以上の着替えとなると嵩張って荷物になるので、ある程度の量に絞る必要があります。



また、洗面道具、入浴用品、その他の細々とした生活用品も検討しておきましょう。
晴れていれば必要ありませんが、雨が降ると困ることになるので、大きなものは運ぶのに邪魔になるので、折りたたみ傘を用意しておくと便利です。



携帯電話の充電器、暇つぶしの音楽プレイヤー、タバコなどの嗜好品に読書用の本など、それぞれの趣味に応じて揃えておくと、寝る前の暇な時間を潰すことができます。


合宿免許は自動車や二輪車などの免許を取得するために通う場所ですが、せっかく遠方に来たので、周囲の観光などもしたいと考える人もいます。

旅行気分で行くのは困りものですが、合宿が終了した後に観光をするというのは悪いことではありません。

行き当たりばったりの観光も良いですが、せっかくなので時間を無駄にせず動き回れるように、周辺の地図や観光できるガイドブックなども用意しておくと良いでしょう。